自宅玄関の引き違い戸の内鍵が折れた

私のカギに関するトラブルですが、お葬式を終えてから帰宅し、玄関の内鍵を閉じようとした際に内鍵のカギピンが折れたという経験をしたことがあります。内鍵は室内側から鍵をかけることができるという品物で、昔の玄関に採用されているカギの一つです。私の自宅の場合、玄関の扉が木材でできているため、木材用の内鍵というものを購入して交換しないといけません。 では、鍵が折れてからどうしたのかですが、まず、折れた内鍵を取り外していきました。内鍵は、玄関の扉にねじで留めてありねじを外すことで外れます。すべての部品を外してホームセンターに内鍵の部品を持っていき、いつも利用しているホームセンターの店長さんに相談して内鍵があるかどうかを問い合わせました。幸い、内鍵はホームセンター内のカギの販売コーナーに在庫があり、残り2つほどの在庫があり一つを購入し自分で交換という選択を選びました。交換作業については大した作業ではなく、はずした内鍵の逆の工程をやっていき、内鍵の受け手をまずは取り付けて、次に鍵ピンの中心を合わせてから内鍵のカバーを取り付けて終わりです。内鍵の取り換えについては以前、引き違い戸のメインのカギを交換した際についでで交換しようかなと思っていたのですが交換しておらず、経年劣化で折れたということです。新しく取り換えた内鍵は真鍮製で耐久性については十分だと思います。ただ、気になる点としては、どうやら、引き違い戸の内鍵はもう需要が無いとのことで生産が終了する可能性もあるらしく、今後どうなるかは不明です。 ・まとめ お葬式終わりで、鍵が折れてしまったということでかなり焦りました。以前に、玄関のメインのカギを交換したことがありましたので、それと同じように交換できるかもと考えて交換してみてできたからよかったものを特殊な内鍵だった場合、どうしようもなかったと思います。今風の扉であれば、施錠は一つのユニットですべてできるので便利でしょうが、私の家のような場合、メインの施錠ユニットと、内鍵という別のユニットもあるためトラブルが起きた際、結構面倒だったりします。